OPP袋の特徴

OPP袋を見たことがありますか?と聞かれた時に多くの人は少し考え込んでしまうのではないでしょうか?OPP袋は、原材料であるポリプロピレンという素材をぐっと縦や横に伸ばして薄いフィルムにしたものです。薄く伸ばしたので手触りはパリパリとしており、見た目は透明で向こう側がよく見え、表面には光沢がある袋です。
縦横に十分に伸ばして作られることから引っ張っても破れたりちぎれたりしにくく、また引っ掻いても裂けたりしにくくなっています。アクセサリーや服、靴下などの衣料品、化粧品、衛生用品、お菓子、おもちゃ、文具用品、タバコなどを入れて販売する際によく使われています。
熱で圧着しているサイドの強度に難があるため、液体や粉末を入れるのには不向きですが、比較的軽いものであれば吊り下げて陳列することが出来るので様々な場面で見かけることが出来るのです。

OPP袋にはたくさん特徴がある

「印刷できるので、袋に商品名を書いたり、様々なデザインを施せる」
「透明で中身がよく見える」
「袋にコシがあり、シワになりにくい」
「湿気を通さないので、中身の湿度が保てる」
「高温に強く、130度までは袋が変形しない」
「引っ張っても破れにくいし、傷つきにくい」
「引っ掻いても破れたり裂けたりしにくい」
「袋が水を通さず、耐水性がある」
「表面に光沢があり、綺麗に、高級に見える」

引っ張り強度や引っかき強度は高いのですが、接合部分だけは簡単に裂けてしまうので注意が必要です。
透明で光沢があることから、中に入っている商品などを綺麗に見せることができ、購買意欲をアップさせる効果があります。また、中に入っている商品の色や形などがOPP袋に入っていれば一目で分かるので、手に取る人に安心感を与えることも出来るのです。

また商品が私たちの手元に届くまでの流通経路では、様々な場面で商品が汚れてしまったり、破損してしまったりすることがあります。OPP袋に入っていることで汚れたり、濡れたり、傷ついたりするのを防ぐことが出来るので、商品を守る役割もOPP袋にはあるのです。

OPP袋の用途は?

OPP袋は様々な場面で使われています。例えば、

●カタログや冊子、チラシを入れて送るダイレクトメールの封筒に
●アクセサリーや手芸品などデリケートで細かいものを販売する際の梱包材として
●細かいおもちゃを販売する際の梱包材として
●手作りお菓子や小物などのラッピング材料として

小売店などではOPP袋を使うことで平置きの状態で陳列するだけではなく、吊り下げて陳列することも出来るので、売り場は見やすく、商品も手に取りやすくなります。

更新情報

ページ上に戻る

MAIN MENU

Pick-Up

運営者情報

ダイレクトマーケティング研究会

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加